最難関ノンペーパー校合格のための完全志望校別対策

■専科クラスの概要
最難関ノンペーパー校と言われている慶應義塾幼稚舎、横浜初等部の二次(実技)試験の出題内容を全領域にわたって学習する専科クラスです。月3回の講習のうち2回は制作・絵画対策が中心となり、巧緻性・絵画制作・口頭試問などを丁寧に指導します。
また、月1回は集団テスト対策として、運動・行動観察を実施。慶應義塾幼稚舎・横浜初等部を志望している方へのピンポイント指導を進めていきます。
※他のノンペーパー重視校の受験をお考えの方にもこの専科の受講をおすすめします。(入会をお考えの方は、まずは体験講習にご参加ください。)
■毎年合格者を送り出している専科クラスの特色
幼児教室や家庭のように『今』何をしなくてはいけないのかを教えてくれる人は入試ではいません。専科の子には、何をする時間なのか、どの行動をとるべきなのかを常に子どもに考えさせて様々な課題を理解する力、状況を含めた判断力、指示通りに機敏に行動できる力を育成させます。

制限時間内の作品を完成させるには、作業スピードはもちろん手先の器用さが必要になります。毎回、絵画・制作時に必要とさせる巧緻性(ねじる・ちぎる・ハサミ使い・のり使い・結び他)をトレーニングします。作業タイムを計り、個別に効率良く作業を進めるためのポイントを指導します。
制作・絵画中のお尋ね対策や行動観察での自己発信力を身につけさせるために、講習中はお友だち同士で意見交換をしたり、お話の続きを考えたりと発言する機会を多く設けております。また、保護者の前で発表もおこない、話すときの適切な声の大きさや具体的に会話をする練習にも力を入れています。


講習は、父母参観・参加形式(入試直前期を除く)を多く取り入れております。講習後半は、解説と併行して父母向けの説明会を実施。学校の最新情報や家庭での課題などを毎回お伝えします。また定期的な個別教育相談や願書添削指導なども実施。保護者の準備も安心して進めることができます。
慶應専科は、過去5年で実施された慶應義塾幼稚舎・慶應義塾横浜初等部(二次試験)の入試内容を基に作成しています。最大の特徴として、このクラスは決められた年間カリキュラムで講習を進めるのではなく、会員の実力を見極めて、担当講師がその回ごとに講習内容を組み立てていきます。
■慶應専科の学習カリキュラム
◎N(ノンペーパー)模試で実戦練習と課題の発見
慶應専科には、2ヶ月に一度、池袋本部校で実施されるN模試がカリキュラムに組み込まれています。定期的な実力診断により、次の課題を明らかにし、無駄のない志望校対策を進めることができます。※N模試とは…慶應幼稚舎・立教・学習院・青山学院など、入試でペーパーテストを行わない学校を目指す方の模擬試験です。「お話の部屋(面接・口頭試問・個別審査)」「体を動かす部屋(運動・行動観察)」「ものを作る部屋(制作・絵画)」の3つの部屋を移動しながら受験します。
3月 4月 5月 6月 7月 9月 10月
@3/5
A3/12
B3/26
@4/9
A※4/16
B4/23
@4/30
A5/14
B5/28
@6/11
※A6/18
B6/25
@7/2
A7/16
B7/23
※@9/3
A9/18
B9/24
※@10/9
A10/22
B10/29
◆対象:年長児=H23年4月2日〜24年4月1日生のお子さま
◆講習日時:3月〜10月まで。月3回各80分 日曜日11時10分〜12時30分
◆会場:表参道青山教育研究所
◆費用:月額30,780円(税込)※学費には教材費等のいっさいをすべて含みます。
◆持ち物:クレヨン、クーピー、鉛筆、のり、はさみ、セロテープ、上履き
◆申込:先着順に受け付けます。教室までお電話でお申込み下さい。

7月 体験講習 受付中

下記の日程で、体験講習を実施します。入会希望の方は必ずご参加ください。なお当日は保護者の方に向けた説明会・個別教育相談会を実施し、今後の指導法や合格に向けたアドバイス、入試詳細等をお伝えいたします。参加希望の方は教室までご連絡ください。


 日程:2017年7月の授業日A7/16(日)、B7/23(日)
 時間:11時10分〜12時30分
 費用:6,000円(税込)
■2017年:講習日程/学費 ※N模試受験日/8月は夏期講習期間のため、通常講習はありません。
表参道青山教育研究所
〒107-0061 東京都港区北青山3-6-19 6F
TEL:03-5464-0921/FAX:03-5464-0932